Googleスプレッドシートで読書貯金通帳【ISBNから自動入力】

教員向け記事

こんにちは。福田泰裕です。

一時期話題になった「読書貯金通帳」を、Googleスプレッドシートで作成しました。

この記事では、Googleスプレッドシートで作成した「読書貯金通帳」の配布と、簡単な説明を行います。

最後まで読んでいただけると嬉しいです!

広告

読書貯金通帳とは

「読書貯金通帳」というものをご存じでしょうか?

「読書貯金通帳」とは、子どもたちの読書を促すために、ある図書館で行われた取り組みです。

通常の図書館では、本を借りて、読んで、返却しても、何も残りません。
しかし、この「読書貯金通帳」は読んだ本のタイトルや著者だけでなく、なんと本の価格も表示されるのです!

つまり……

今まで借りた本をもし購入していたら、いくらになっていたのかな?

という事が分かるのです。
これによって子どもたちの読書を促そうというもので、効果はとても大きかったようです。

Googleスプレッドシートで読書貯金通帳を作ってみた

そんな「読書貯金通帳」は一時期ニュースなどで取り上げられ話題となりましたが、全国の図書館で展開されているほどメジャーなものにはなりませんでした。

しかし、その発想の面白さ効果の大きさをもっと手軽に実感できるように、Googleスプレッドシートで読書貯金通帳を作成しました!

このようにISBNを入力すれば、

  • タイトル
  • 出版社
  • 著者
  • 本の価格

を自動で表示し、価格の合計も表示されるというものです。

Googleスプレッドシート読書貯金通帳の配布と使い方

🌟「読書貯金通帳」の配布

Googleスプレッドシートで作成した「読書貯金通帳」は、下のリンクから利用してください👇

読書貯金通帳
シート1 あなたの読書貯金額は,2,600,円です。 ISBN,タイトル,出版社,著者,価格 1,9784785314125,集合と位相(増補新装版),裳華房,内田伏一/著,2,600 2,,,, 3,,,, 4,,,, 5,,,, 6,,,, 7,,,, 8,,,, 9,,,, 10,,,, 11,,,, 12,,...

Googleスプレッドシートなので、左上の「ファイル」から「コピーを作成」をクリックし、自分のGoogleドライブにコピーを作成することで編集できるようになります👇

Googleスプレッドシート読書貯金通帳の使い方

Googleスプレッドシートで作成した読書貯金通帳の使い方は、とても簡単です。

B列に、読んだ本のISBN(13桁)をハイフンなしで入力します👇

これにより、

  • タイトル
  • 出版社
  • 著者
  • 価格

が自動で表示されます。

使い方は、たったこれだけです。

Googleスプレッドシート読書貯金通帳の仕組み

このGoogleスプレッドシート読書貯金通帳は、高島利行さんが作成されnoteで公開されている記事を参考にして作成しました。
下に、noteのリンクを貼っておきます👇

GoogleスプレッドシートでISBNから書籍のタイトル・出版社名・著者名・発売日・本体価格・判型・表紙画像・バーコード(上段のみ)を表示するための関数とURL(追記あり)|高島利行|note
Twitterでこんな投稿を見かけました。 書影だけでなく、タイトル・出版社・著者名・発売日・バーコードもGoogleスプレッドシートで表示できると便利でしょうか。どうでしょうか。 ということで、GoogleスプレッドシートでISBN(13桁ハイフン有り・13桁ハイフン無しどちらにも対応)から書...

仕組みとしては、ISBNからスプレッドシートの関数を使って、高島さんが管理されている「ほんのいんふぉ」(https://honno.info/?)にあるデータベースを参照し、出版社や著者、価格などを表示しているようです。

素晴らしい取り組みですね…

まとめ:読書貯金通帳は読書の促進につながる

いかがだったでしょうか。

「子どもたちが本を読まない」と言われ続け、かなりの年月が経ってしまいました。

私がニュースで図書館の読書貯金通帳の取り組みを知ったとき、「もし私が子どもだったら、絶対に楽しい!」と思いました。
(大人となった今でも、なかなか楽しいです。)

「自分が図書館で借りた本を、もし購入していたら何円になるんだろう…?」
「自分がこれまでに読んできた本は、合計何円分なんだろう…?」
など、考え方は様々です。

Googleスプレッドシートで作成しているので、Googleアカウントさえあれば誰でも手軽に利用できます。
さらにGoogle Classroomなどを使ってクラスや学校の生徒に配布すれば、クラスや学校単位で読書を促進することができるかもしれません。

また、個人としても読書の量が金額で分かるというのは楽しいものです。
これによって、読書をする楽しさが1つ増えるかもしれません。

使い方を工夫して、読書する習慣を身につけていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました