【教師のEXCEL講座】PHONETIC関数~読み(ひらがな)をつける~

教師のEXCEL講座

こんにちは。福田泰裕です。

生徒の名簿を作成するとき、名前を漢字で入力して、読み仮名を別に入力していませんか?
実はその作業、EXCELが勝手にやってくれることをご存知でしょうか。

今回は、PHONETIC関数を使って自動で読み仮名をつける方法をご紹介します!

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

PHOENTIC関数の使い方

PHONETIC関数を聞いたことがありますか?

読者
読者

PHONETIC関数なんて聞いたことないよ…

という方も多いと思います。
PHONTIC関数はマイナーな関数です。
知らなくて当然なので、安心してください!

PHONETIC関数は、文字列の読み仮名を表示してくれる関数です。

phonetic

引数が1つのとても簡単な関数で、参照した文字列の読み仮名を表示してくれます。

PHONETIC関数を使い、読み仮名を表示する

PHONETIC関数を使い、読み仮名を表示してみましょう。
例として、下のような表を使います。

phonetic

名簿のA列に、名前を漢字で入力し終えた場面です。
ここで何も知らないと、また読み仮名を入力しなければなりません。

しかし、実はここでPHONETIC関数を使えば一発なのです。

セルB2に、
=PHONETIC(A2)
と入力します👇

phonetic

Enterを押すと…👇

phonetic

なんと、読み仮名が表示されました!
オートフィルを使って下へコピーすると…👇

phonetic

このように、読み仮名を簡単に表示することができました!

入力の方法によっては、読み仮名が違う場合もあると思います。
その際は、コピペして個別に編集してください。

PHONETIC関数の読み仮名をひらがなに変換する

しかし、このPHONETIC関数で表示された読み仮名は、すべてカタカナになっています。
「ひらがなに変換したい!」というときの対処法をご紹介します。

先ほどの表の、漢字が入力されているA列を選択し、「ホーム」タブ→「ふりがなの▼」→「ふりがなの設定」を開きます👇

phonetic

「種類」を「ひらがな」に変更して、「OK」をクリックします👇

phonetic

すると…👇

phonetic

ひらがなに変換できました!

まとめ:PHONETIC関数で簡単に読み(ひらがな)を付けられる!

いかがでしたでしょうか。

このPHONETIC関数を知っていれば、漢字を入力しただけで簡単に読み仮名を表示できます。
つまりこの関数を知っていれば、入力時間が半分になるということです…!

ただ、入力の際に漢字を1文字ずつ入力していると、思い通りの読み仮名が表示されないことがあります。
そういう時は、「値の貼り付け」でコピペして個別に修正しなければなりません。
それでも全員分を入力するよりは早いはずです。
知っておいて損はない関数だと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

質問やご意見、ご感想などがあればコメント欄にお願いします👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました