【数学A】授業中に正多面体の3Dモデルをスマホで動かす方法

教師の便利グッズ

こんにちは。福田泰裕です。

高校の数学Aの授業で、正多面体を学習します。
正多面体とは、すべての面が同一の正多角形で構成され、すべての頂点において接する面の数が等しい凸多面体のことです。

しかし平面図形と違い、立体をなかなかイメージすることができない生徒にとって、この正多面体の学習は難しいのです。

そこで今回は、正多面体の3Dモデルをスマホで見る方法をご紹介します!

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

正多面体の3Dモデルをスマホで見ることができる

正多面体を生徒にイメージさせる際、正多面体のブロックやペーパークラフトを持っていくことをしていました。
しかし、生徒全員分のブロックがあるわけではないので、順番に見せていく必要がありました。

そこで私は、

正多面体の3Dのモデルがスマホで見られたらなあ…

自分でクルクル回して、イメージできるのに…

と考えていました。
そんなことできるのかと思っていましたが…

調べてみると、できました笑

こんな感じで、HTMLに埋め込むことが可能です!
スマホでもちゃんと動かすことができます!

正多面体の3Dモデルをスマホで動かせるWebページ

というわけで、授業で使えるようにWebページを作成しました。
「やり方なんていいから、完成品が欲しい!」という方は、このページをそのまま使ってもらっても構いません👇

正多面体3Dモデル
正多面体の3Dモデルをスマホで動かすことができるWebページです。

URLをQRコードに変換してプリントに印刷し、生徒へ配布すればそのまま利用できます。

「どうやって作成したのか気になる!」という方は、続きを読んでください!

正多面体を3Dモデルをスマホで動かすための手順

それでは、この正多面体の3Dモデルをスマホで動かすための手順を解説します。

手順①:HTMLのWebページを用意する

まず、閲覧用のHTMLのWebページを用意します。

私はGoogleドライブのEditeyを使いました。
無料で作れて広告も表示されないので、授業用ページを作成するならオススメです。

EditeyでのWebページの作り方はこちらの記事で紹介しているので、参考にしてください👇

手順②:Sketchfabからモデルを見つけ、コードを取得する

実はこの3Dモデルを動かせるWebページは、Sketchfabというページのタグを埋め込んでいるだけです。
そのコードを取得すれば、簡単にWebページに公開できます。

まず、SketchfabのWebページ( https://sketchfab.com/ )にアクセスしましょう。
ページ上の検索バーに、モデルの名前を入力します👇

polyhedron

例えば「四面体」の英語である「tetrahedron」で検索してみましょう👇

polyhedron

たくさん見つかりました!
この中から、欲しいモデルを見つけてクリックします👇

polyhedron

ウィンドウが開き、3Dモデルを動かすことができます。
これで良ければ、下の「</>Embed」をクリックします👇

polyhedron

更に小さなウィンドウが開きます。
左下のコードをクリックすると、自動的にコピーされます👇
(クリックすると「Copied to clipboard !」と表示されます。)

polyhedron

手順③:HTMLファイルへ貼り付ける

あとは、この取得したコードをHTMLファイルに貼り付けるだけです。

HTMLファイルのエディターを開き、<body>と</body>の間に貼り付けます👇

text

ブラウザで開くと、3Dモデルが動かせると思います。

手順④:URLをQRコードにして印刷し、生徒へ配布する

最後に、そのWebページにアクセスできるようにURLをQRコードにして印刷し、生徒へ配布しましょう。

QRコードへの変換方法は、こちらの記事の最後に書いているので参考にしてください👇

私は授業で使う際、3Dモデルは1ページに1つずつの方が良いと思いっています。
もしよければ、参考にしてみてください👇

正多面体3Dモデル
正多面体の3Dモデルをスマホで動かすことができるWebページです。

まとめ:正多面体がスマホで動かせると楽しい

いかがでしたでしょうか。

今回の記事をまとめると、次のようになります。

まとめ

授業中に正多面体の3Dモデルをスマホで動かす方法

手順①:HTMLのWebページを用意する。
手順②:Sketchfabからモデルを見つけ、コードを取得する。
手順③:HTMLファイルへ貼り付ける。
手順④:URLをQRコードにして印刷し、生徒へ配布する。

今回は正多面体だけですが、他にも多くの3Dモデルが用意されています。
空間図形を扱う際に良いモデルがあれば、授業で扱うことも可能ですね!

もし授業でこの題材を扱うのならば、正多面体が5種類しか存在しないことの証明にもぜひ触れてください👇

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

質問やご意見、ご感想などがあればコメント欄にお願いします👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました