【誰でも簡単】URLからQRコードを作成する方法【図解付き】

教師の便利グッズ

こんにちは。福田泰裕です。

QRコードは、私たちにとってとても身近な技術となりました。
今や、誰でも簡単にQRコードを作成できる時代です。

この記事では、URLからQRコードを作成する方法をご紹介します。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

URLからQRコードを作成する

それでは、URLからQRコードを作成する手順をご紹介します。

URLからQRコードを作成する手順①:URLをコピーする

まず、目的のWebページのURLをコピーします。

URLで右クリックして「コピー」をクリックしましょう👇

QRcode

URLからQRコードを作成する手順②:専用サイトでQRコードを作成する

次に、コピーしたURLからQRコードを作成しましょう。

まず、QRコードを作成できるWebページへ移動します👇

QRコード(二次元バーコード)作成【無料】
QRコード・二次元バーコードを無料(Free)で作成可能です。URLやメールアドレスのQRコード作成時はチェックが行われるためQRコードの作成間違いなどを防ぐことが出来ます。また、地図のQRコードは実際の地図を見ながらQRコードが作成できます。ホームページの宣伝などにご利用ください。

今回はURLなので、「URL用QR」をクリックします👇

QRcode

【1】のテキストボックスで、右クリック→「貼り付け」で、URLを貼り付けます👇

QRcode

【2】のオプションは、基本的にそのままで良いです。
ただ「囲み文字」は面白いので、利用してみましょう。

「囲み文字」をクリックして

QRcode

囲み文字を「QRコード作成文字で囲む」にする

「囲み文字」を「QRコード作成文字で囲む」に設定してみます👇

QRcode

「URLチェック&QR作成 実行」をクリックすると…👇

QRcode

このように、QRコードをURLで囲むことができます👇

QRcode

囲み文字を「囲む文字を指定する」にする

次は、「囲み文字」を「囲む文字を指定する」に設定してみます👇

QRcode

すると、設定画面に切り替わります。
文字を入力して、サイズ・フォント・文字色を設定します👇

QRcode

更に、文字の開始位置・繰り返しの有無、余白まで設定できます。
最後に「この囲み文字を指定する」をクリックしましょう👇

QRcode

先ほどの画面に戻り、「URLチェック&QR作成 実行」をクリックすると…👇

QRcode

このように、指定した文字で囲まれたQRコードが作成できました!

QRcode

まとめ:QRコードは気軽に使えてとても便利

いかがでしたでしょうか。

QRコードはこのように、誰でも簡単に作成することができます。
しかし、このQRコードの効果は無限大です。

例えば広告などでも「○○で検索!」というキーワードが一時期流行りましたが、今ではQRコードを貼れば簡単にWebページへ誘導できます。
Webページだけでなく、YoutubeへのリンクやGoogleドライブへ保存されたファイルへのアクセスもできるのです。

QRコードをうまく利用すれば、生活が大きく変わるはずです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

質問やご意見、ご感想などがあればコメント欄にお願いします👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました