Googleドキュメントの音声入力を用いた英語のスピーキング活動

教員へ

こんにちは。福田泰裕です。

コロナ禍で、生徒たちの学習活動は大きく制限されてしまいました。
グループワークや対面での活動も禁止され、全国の教員は生徒たちに最適な学びを提供するため、工夫して授業を行っています。

そんな中、GIGAスクール構想によって全国の学校の教員・生徒たちへタブレットが配布されました。
この苦しい状況を打破するために、タブレットを利用しない手はありません。

私は数学教師ですが、英語の授業でGoogleドキュメントを使うスピーキングの授業をご紹介したいと思います。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

Googleドキュメントの音声入力を使う

Google

まず、Googleドキュメント音声入力をご存じでしょうか。

Googleの検索画面の左上から、「Googleドキュメント」を開くことができます👇

Googleドキュメント

「空白」を選び、新しいドキュメントを作成しましょう👇

Googleドキュメント

「Googleドキュメント」は、Officeソフトの「WORD」と似たような機能をもつWEBアプリです。
上のタブから「ツール」をクリックし、「音声入力」をクリックします👇

Googleドキュメント

すると、マイクが現れました。
このマイクをクリックしてください👇
(マイクの使用について聞かれたら「許可」をクリックしてください。)

Googleドキュメント

マイクが赤く光りました。
この状態でマイクに向かって話しかけると…👇

Googleドキュメント

このように、自動で音声を文字に変換してくれます!!(超感動!!)
(「まる」と言うと、読点「。」を打つことができます。)

試しに、マイクに向かって適当に喋ってみてください。
かなりの精度で、思った通りの日本語入力ができます。

これがGoogleドキュメントの音声入力です。すごいですね…

Googleドキュメントで英語の発音をチェックする

発音

このGoogleドキュメントは、様々な言語に対応しています。
マイクの上の「日本語」の部分をクリック👇

Googleドキュメント

多くの言語の中から「English (United States)」をクリック👇

Googleドキュメント

これで、音声入力が『英語モード』になりました。
マイクをクリックして、英語で話しかけてみましょう!👇

Googleドキュメント

上手く「I like baseball」と発音すると、上のように表示されます。

しかし発音が悪いと、正しく入力できません…👇

Googleドキュメント

悲しいですが、これが現実です。
(英語が苦手な筆者は、「I like baseball」と表示されるまでに5回もかかりました😢)

発音に対してソフトによる客観的な評価が下されるので、生徒1人ひとりが自分の発音を見直すことができます。

Googleドキュメントを用いたスピーキングの授業の展開例

Learning

それでは、このGoogleドキュメントの音声入力を用いたスピーキングの授業の例をご紹介します。

スピーキングの授業例①:個人で単語や文章の発音練習

最も単純な使い方が、単語や文章の発音練習です。

教科書に出てくる新出単語や例文をマイクに向かって喋り、正しい単語や文章が出るように繰り返し練習します。

発音が間違っていれば、正しく表示されません。
ペアワークよりも、ずっと効果の高い活動になるかもしれません。

スピーキングの授業例②:グループで文章の作成

グループをつくり、1つの文章を完成させる活動です。

例えばクラスで3人ずつのグループをつくり、そのグループで1つのドキュメントを共同編集します。
3人で協力して、教科書などに書かれた文章を完成させます。

早く全文が完成したグループが優勝です。

誰かと競うことで、楽しく盛り上がることができると思います。

スピーキングの授業例③:2人で会話文の作成

あらかじめ「Taro:」「Hanako:」のように入力したものを生徒たちに配布し、2人で協力して会話文を作成していきます。

例えば「週末の過ごし方について会話する2人」や「朝起きれないTaroを説得するHanako」のように、話のテーマを設定しても面白いかもしれません。
最後に完成したドキュメントをクラス全員で共有し、見せ合うと盛り上がるでしょう。

まとめ:Googleドキュメントの音声入力はすごい!

Happy

いかがだったでしょうか。

Googleドキュメントの音声入力は、普通に日本語入力ソフトとしても超有力な機能ですが、このよう英語のスピーキングの授業に役立てることもできます。

以前の学校で行われていたような『教師が前に立って単語カードを掲げて発音し、生徒たちが真似をする』という発音練習では味わえない、精密な発音が要求されます。

このGoogleドキュメントの音声入力を使えば、生徒たちも楽しみながら発音練習ができるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ここで紹介したこと以外の授業の例や、質問やご意見、ご感想などがあればコメント欄にお願いします👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました