【『情報Ⅰ』解説動画】1-(8)問題解決の手順

情報Ⅰ

こんにちは。福田泰裕です。

この記事では、高等学校で履修する『情報Ⅰ』第1章「情報社会の問題解決」より、「(8) 問題解決の手順」について解説していきます。

最後まで読んでいただけると、嬉しいです!

広告

『情報Ⅰ』解説動画 (Youtube)

この記事の内容は、私がYoutubeに公開している『情報Ⅰ授業動画①-(8)』を文字起こししたものです。

ぜひ、チャンネル登録よろしくお願いします!

【情報Ⅰ解説】1-(8)問題解決の手順

【情報Ⅰ解説動画1-(8)①】問題とは

問題とは

まずここで扱う問題とは、数学のテストの問題とは少し異なります。

ここでは「理想とする姿と現実とのギャップ」のことを問題と呼びます。

例えば、野球の試合でヒットが打ちたいのに、現実ではヒットが打てないなら、その差が『問題』となります。
つまり、問題を解決することで、理想の姿に近づくことができるのです。

【情報Ⅰ解説動画1-(8)②】問題解決の手順

問題解決の手順

しかし闇雲に取り組んでも、問題は解決できません。
問題を解決するには、手順に従って進めていく必要があります。

それでは、問題解決の手順を見ていきましょう。

問題の発見問題の明確化解決案の検討解決案の決定解決案の実施と評価

の順で解決していきます。
また、最後の評価で、各段階の振り返りフィードバックを行うことが重要です。

【情報Ⅰ解説動画1-(8)③】問題解決の手順① 問題の発見

問題解決の手順① 問題の発見

それでは、1つずつの手順を詳しく見ていきましょう。

まず1つ目、『問題の発見』です。

問題の発見には、現状の把握が必要です。

「なぜ失敗するのか」「なぜ上手くいかないのか」……
より多くの人の意見を集約し、広い視点で現状を把握することが有効的です。

多くの人の意見を集約する方法には、様々なものがあります。

まず、ブレーンストーミングという方法です。
ブレーンストーミングは、批判禁止、自由奔放、質より量、結合改善というルールのもと、多くの意見を出す手法です。

このブレーンストーミングとKJ法を組み合わせる方法があります。
KJ法とは、アイデアを付箋などに書いてグループ化し、タイトルをつけて整理する方法です。

この2つの手法の組み合わせで、多くの意見をまとめることができるようになります。

次は、マインドマップです。
問題となる概念を中心に置き、それに関連する言葉を周囲に連結させていく手法です。
中心の大きな問題を解決するために必要な、小さな問題が見つかることがあります。

3つ目は、グループチャットです。
時間的、場所的な制限なく、いつでもどこでも意見を集めることができるのが特徴です。

【情報Ⅰ解説動画1-(8)④】問題解決の手順② 問題の明確化

問題解決の手順② 問題の明確化

2つ目は『問題の明確化』です。

目的(目指す最終到達点)と、目標(目的達成のための具体的な手段)を設定します。
「いつまでに」「どのような条件で」など、制約条件も明らかにしておきましょう。

目標設定のポイントは、

①対象が明確であること。
②全員が同じ内容を理解できること。
③実現可能であること

です。
目標が曖昧だったり、無理な目標設定をしてしまうと、うまく解決できません。
明確かつ、実現可能な目標を設定しましょう。

【情報Ⅰ解説動画1-(8)⑤】問題解決の手順③ 解決案の検討

【問題解決の手順⑤】問題解決の手順③ 解決案の検討

3つ目は『解決案の検討』です。

問題が明確になったら、解決に向けた情報収集を行い、整理・分析します。

情報の収集には、さまざまな方法があります。

検索サイトを利用したり、書籍・図書館を利用したりすることが有効です。
また、アンケートを実施したり、実際に現場に行ったりするなど、フィールドワークを行うのも良いでしょう。

次に、集めた情報を整理・分析します。
コンピュータに保存する場合は、後から見ても分かるようにファイル名を変更し、フォルダで整理します。
グラフや表でまとめると、他の情報と比較したり、傾向をつかめたりするようになります。

また、アンケートを行う場合は整理・分析しやすいよう、事前に質問や解答項目を考えると良いでしょう。

【情報Ⅰ解説動画1-(8)⑥】問題解決の手順④ 解決案の決定

問題解決の手順④ 解決案の決定

4つ目は『解決案の決定』です。

予算や時間、実行する人の能力などを確認し、実行可能な解決案を選択します。

このとき、すべてにおいて優れている解決案があればよいのですが、なかなかそうはいきません。
「1つ改善すれば他の要素が悪化する状況」をトレードオフといって、このような場合は、総合的に考えて、最も良い方法を選ぶ必要があります。

解決案が決まれば、計画の立案に移ります。
予算や時間、能力などを考慮し、無理のない計画を立案しましょう。
ガントチャートという表を作成すれば、工程を可視化できます。

また、グループ全員の合意形成(コンセンサス)を行ってから実施することが重要です。

【情報Ⅰ解説動画1-(8)⑦】問題解決の手順⑤ 解決案の実施と評価

問題解決の手順⑤ 解決案の実施と評価

5つ目は『解決案の実施と評価』です。

実施するだけでなく、評価して次の問題解決に役立てることが重要となってきます。
評価の方法も、

①本人が自分自身を評価する『自己評価』
②実行した者同士が互いに評価しあう『相互評価』
③実行した人とは違う人が評価する『外部評価』

などがあります。
評価の際はどの手順が悪かったのかを評価し、フィードバックを行うことも大切です。

例えば、解決案を立てる段階で無理があったのか、計画は良かったが、実施の際に失敗したのかなど、考える必要があります。
もし、実施の途中で大幅に計画から外れた場合は、途中でも解決案の検討に戻ることも大切です。

このように「実施したら終わり」ではなく、評価して次回につなげるようにしていきましょう。

【情報Ⅰ解説動画1-(8)⑧】関連サイト・確認問題・授業プリント

問題解決の手順
関連サイト・確認問題・授業プリント

〇Lucidchart「ブレーンストーミングとは?」 https://www.lucidchart.com/pages/ja/brainstorming

〇このスライドの確認問題
https://forms.gle/DQyG56Za1nqSgSWm8

〇このスライドの授業プリント
https://drive.google.com/file/d/1UG6Za7ZzF3-EmZ-8G8BJrYkh3JM1gYze/view?usp=sharing

情報Ⅰ解説動画一覧

【『情報Ⅰ』解説動画】1-(1) 情報社会と情報
【『情報Ⅰ』解説動画】1-(2) 情報モラルと個人に及ぼす影響
【『情報Ⅰ』解説動画】1-(3) 知的財産権① 産業財産権
【『情報Ⅰ』解説動画】1-(4) 知的財産権② 著作権
【『情報Ⅰ』解説動画】1-(5) 知的財産権③ 著作権の例外規定・CCライセンス
【『情報Ⅰ』解説動画】1-(6)個人情報の保護と管理
【『情報Ⅰ』解説動画】1-(7)新しい情報システム
【『情報Ⅰ』解説動画】1-(8)問題解決の手順

【『情報Ⅰ』解説動画】2-(1)メディアの発達
【『情報Ⅰ』解説動画】2-(2)コミュニケーションの形態
【『情報Ⅰ』解説動画】2-(3)情報デザイン
【『情報Ⅰ』解説動画】2-(4)アナログとデジタル
【『情報Ⅰ』解説動画】2-(5)2進数と10進数の基数変換(整数)
【『情報Ⅰ』解説動画】2-(6)2進数と16進数の基数変換
【『情報Ⅰ』解説動画】2-(7)2進数と10進数の基数変換(小数)

情報Ⅰ解説動画の使い方

いかがだったでしょうか。

Youtubeの授業動画・確認問題・授業プリントは、高校生が家庭学習で利用したり、教員が学校の授業で利用したり、宿題にして反転学習に利用したり……と、自由に使ってもらって構いません!
(ブログや動画にコメントをくれると嬉しいです😀)

動画は少しずつ増やしていく予定なので、チャンネル登録もよろしくお願いします👇
https://www.youtube.com/channel/UCsoJpeo3XzHqcPfbFKRf_Tg

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

質問やご意見、ご感想などがあればコメント欄にお願いします👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました