教師のEXCEL講座

教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】表を1行ごとの縞模様にする2つの方法

EXCELで表をつくるとき、罫線だけ引いて終わっていませんか?表が縦や横に長いと、とても見にくい表になってしまいます。そんなときは1行ごと、1列ごとに縞模様の背景色を付けるだけで格段に見やすくなります。今回は、EXCELの表を簡単に縞模様にする2つの方法をご紹介します。
教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】MOD関数~2人ずつの当番表を作ろう~

EXCELのMOD関数は、割り算の余りを求める関数です。このMOD関数を使えば、ループする当番表を作成できます。ストーブ当番、水やり当番、餌やり当番など、1日に2人が担当するような当番表でも作ることが可能です!MOD関数の使い方から丁寧に解説していきます!
教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】COUNTIFS関数~曜日ごとの授業日数~

EXCELのCOUNTIFS関数を使ったことはありますか?COUNTIFS関数は、複数の条件を満たす回数を数える関数です。範囲と条件を指定するだけで、様々な条件を満たす人数や日数を簡単に数えることができます!今回は、COUNTIFS関数の機能と、このCOUNTIFS関数を使って曜日ごとの授業日を数える方法を紹介します。
教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】INDEX関数とMATCH関数~高度な検索~

EXCELで表検索をするとき、VLOOKUP関数は表の左端しか検索できません。しかし、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせることで、表のどこからでも検索できるようになります。INDEX関数とMATCH関数はそれぞれ単独で使うことはほとんどありませんが、組み合わせて使うことでとても便利な関数となるのです。
教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】MATCH関数~検査値の位置を調べる~

EXCELのMATCH関数は、検査値が範囲の上から何番目にあるのか、または左から何番目にあるのかを調べる関数です。配列数式を使えば、複数の条件に一致するセルの位置を調べることもできます。MATCH関数はよくINDEX関数と組み合わせて使われますが、単独での機能もぜひ知っておくと良いでしょう。
教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】INDEX関数~表から番号で自在に抽出~

EXCELのINDEX関数を使っていますか?知名度が低い関数ですが、実は結構便利な関数です。INDEX関数を使うことで表からデータを縦に横に抽出したり、2つの表を1つにまとめたりといった作業を、数値一つ変えるだけでできてしまうのです。このINDEX関数の使い方をご紹介します。
教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】その場しのぎはダメ!大規模校を想定して作ろう

教師がEXCELで行う事務作業のほとんどは、翌年以降も同じ作業の繰り返しです。それなのに1回しか使えないEXCELファイルを作るなんてもったいない!せっかくEXCELファイルを作るなら、生徒数が変わっても、種類が増えても、大規模校に転勤しても、すぐに使えるようにしておくと翌年以降はグッと楽になりますよ!
教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】EXCEL VBA~個人票の印刷方法~

VLOOKUP関数で作成した個人票を、VBAのマクロを使って印刷します。全員分を印刷する方法と、欲しい範囲のみを印刷する方法の2種類を紹介します。VLOOKUP関数とマクロの組み合わせは、学校の事務作業の多くの場面で利用できます。
教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】VLOOKUP関数~個人票の作成~

EXCELのVLOOKUP関数を使えば、一覧表から簡単に個人票を作成できます。VLOOKUP関数を使うためには、一覧法に通し番号と列番号を入れておくことと、絶対参照と早退参照をうまく使うことが大事です。一覧表から綺麗な個人票を作成する手順をご紹介します。
教師のEXCEL講座

【教師のEXCEL講座】EXCEL VBA~ボタンでマクロを実行~

EXCEL VBAでマクロを作成したら、実行ボタンをつくって登録しましょう。マクロをボタンに登録すれば、1クリックでマクロを実行できるので業務の効率化が更に進みます!VBAで作成したマクロをボタンに登録する方法を丁寧に解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました